染谷将太の織田信長「麒麟が来る」第9話 信長の失敗 

麒麟が来る9麒麟が来る

待ちに待った織田信長の本格登場で一気に面白くなってきました。

やはり明智光秀主人公のドラマなら絶対不可欠な織田信長。

今まで様々な信長像があっただけに今作では、どのような信長が描かれるのか、期待している方も多い事でしょう。

染谷将太さんという意外な配役でしたが現時点で期待以上の及第点です。

今までにない信長像という言葉通り、登場シーンから一味違いました。とにかく今作の信長はピュアですね。

まだ光秀との本格的な絡みはありませんが、今回のエピソードでこれから天下統一に向けて動いていくことになる信長の原点が見えた気がします。

信長の行動と関わる人達

今回関わった登場人物との関わりから信長の思いを見てみると史実も交えたリアルな信長がみえてきました。

松平広忠(浅利陽介)

もっとも衝撃的だった竹千代の父、広忠の死。

まさかこのような形で暗殺されるとは!

史実の松平広忠も暗殺で死去してますが実行犯は諸説あります。

  • 病死説
  • 家臣の岩松八弥による殺害説
  • 一揆により殺害された説

筆者は山岡荘八の「徳川家康」ファンだったりするので岩松八弥説が信憑性が高いと思ってたりしましたので意外性に感動しました。

一揆により殺害された説では織田信長の謀略という説もあるので

「麒麟が来る」での広忠の死は織田家の謀略という見方をとったようですね。

この広忠の死をきっかけに今川義元との戦いにつながっていくのでしょう。

織田信秀(高橋克典)

信長と信秀の対面シーン。

帰蝶との婚儀の挨拶で信秀のもとに訪れた信長からの父への贈り物が広忠の首!衝撃的です。

父に褒められたくて”という広忠殺害の信長の発想と行動。

今回の信長はピュアですが実行力は後年の織田信長を思わせます。

史実での織田信秀は智勇に優れた武将であり、その父を信長はおそらく慕っていたのでしょう。

信長を叱る信秀ですが、後年、信長が家督を継ぐ事になるのは常人には理解のできない信長の行動力に信秀の期待が大きかったからなのかもしれません。そんな事を思わせる場面です。

土田御前(檀れい)と織田信勝(木村了)

挨拶に訪れた信長を信秀の脇で冷ややかな目で見つめる土田御前

そして帰蝶を連れて信長の弟、信勝の元を訪れ、竹千代と将棋を指している信勝を褒め称える。

「次男の信勝を愛し、信長の心を追い詰めていく母」と紹介されている土田御前。すでに信勝への偏愛がでてきてますね。

忙しい父と弟を可愛がる両親を見て信長も親の愛を欲して奇抜な行動をとったと思うと、「葵徳川三代」の家光と重なってきます。

品行方正で行儀のよい弟の信勝ですが竹千代からつまらぬ相手と評されており、苦労人の竹千代から見たら、母から甘やかされたつまらぬ男に見られたのでしょう。竹千代の大物感あるセリフと信勝は対照的です。
いずれ強固な同盟関係となる信長と家康との接点がでてきてますね。

帰蝶(川口春奈)

ついに信長との対面を果たした帰蝶

気の強い女性像らしく初対面の信長に待ちぼうけをくわされながらも、凛とした佇まいで信長に詰め寄る様は、信長のよきパートナーとなっていく片鱗を垣間見せます。

そして信長から銃を教わりながら光秀の事を語る帰蝶。

松永久秀の時と同様、銃が光秀を色々な人物と引き合わせるきっかけになっていますね。

そして好奇心旺盛な帰蝶と、朗らかに包み込む信長は今後が楽しみです。

見逃した大河ドラマを視聴する

信長の行動力

ここまでの信長の行動は、民の為に魚を獲ってきたり、池に入ったり、信秀の為に松平広忠の首を持ってきたりしています。

まわりの人から見たら、弟の信勝に比べてうつけに映る行動が目立つ信長ですが、思いやりがあって行動力がある人物像になっているように思えます。

新しい発想と実行力の持ち主としての、後年の信長の青年時代が伏線として上手く描かれていますね。

実直な光秀と奇想天外な信長。

信長の登場で光秀の影が薄くなっていますが、この二人が供に天下統一を目指して行動するようになる今後の展開は目が離せません。

 

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

コメント

タイトルとURLをコピーしました