桶狭間の戦いで織田信長に敗れた今川義元 室町時代の名家の滅亡

今川義元と太原雪斎歴史上の人物

織田信長桶狭間の戦いで討ち取られた事で有名な今川義元は信長が台頭して来るまでは太原雪斎の補佐の元、有力な戦国大名として東海道に地盤を築いていました。

「海道一の弓取り」といわれた今川義元はどのようにして織田信長と戦う事になったのでしょうか。

関連記事:太源雪斎

足利将軍家に連なる名家 今川氏

今川氏は室町幕府の足利将軍家の親族、吉良氏の分家にあたります。

鎌倉幕府の御家人で三河守護職を努めた足利宗家3代当主、足利義氏(あしかがよしうじ)の子、長氏(ながうじ)が吉良氏を名乗り長氏の子の国氏(くにうじ)が三河において今川を名乗ったのが始まりとされています。

今川家は吉良家に継いで将軍継承権をもつ特別な家柄で駿河の守護職を世襲していきます。

義元の父で、室町時代中期に駿河今川家9代当主となった今川氏親(いまがわうじちか)は駿河の隣国、遠江の守護も兼ねており、氏親と正室の寿桂尼(じゅけいに)の三男として生まれた義元は幼名を芳菊丸といい、跡継ぎの兄、氏輝(うじてる)がいた為、4歳で仏門に出されます。

芳菊丸は養育係の太原雪斎と共に妙心寺で学び、得度して梅岳承芳(せんがくしょうほう)と名乗り、学識を深めます。

関連記事:足利将軍家

花倉の乱と家督継承

今川家当主の氏親が亡くなると嫡男の氏輝が今川当主を継ぎます。 梅岳承芳は当主となった氏輝に呼ばれ、修行先の京都から駿河に戻りますが、まもなく嫡男の氏輝が急死してしまいます。

氏親の次男の彦五郎も同日に死亡したため、三男であった梅岳承芳に家督継承権が巡ってきます。

梅岳承芳は今川家の重臣たちから還俗するよう乞われ、足利幕府12代将軍となっていた足利義晴(あしかがよしはる)から諱を賜り義元と名乗ります。

これに不満を持った今川家の有力家臣の福島氏は氏親の側室の子、玄広恵探(げんこうえたん)を擁立して花倉城で叛旗を翻し、義元と家督を争います。(花倉の乱)

義元は太原雪斎や生母の寿桂尼、重臣たちと共に相模の北条氏の支援を受けて花倉城を攻め、抵抗した玄広恵探は支えきれずに逃亡して自害します。

こうして花倉の乱を収束した義元は今川家の家督を継ぎ支配体制を強めます。

義元は抗争状態にあった甲斐の守護大名、武田信虎の娘(定恵院)を正室に迎え、武田氏と同盟を結びます。しかしこの時、義元の当主継承に尽力した相模北条氏綱の怒りを買い北条軍に侵攻されてしまいます。今川軍は家臣の反乱も重なり、駿河の一部の領土を奪われ、北条氏綱は勢力を拡大していきます。

一方で甲斐では武田信虎の嫡男、晴信(はるのぶ)の正室に今川家と遠縁の公家の娘、三条の方を仲介し、関係を強めます。

しかし、晴信と家臣のクーデターによって信虎は甲斐を追放され、義元の身柄預かりとなります。義元は武田家の家督を相続した武田晴信(後の信玄)とも同盟関係を続けます。

甲相駿三国同盟

やがて北条氏綱が病に倒れ、嫡男の氏康(うじやす)が家督を継ぐと、義元は関東管領上杉氏古河公方足利晴氏らと手を結び氏康を攻め立てます。

この窮状を打開するため氏康は甲斐の武田晴信の仲介で今川氏から奪った領土を返還し義元と和睦します。

西では尾張織田信秀が三河に侵攻してくると三河、岡崎城主の松平広忠の加勢の要請を受けて広忠の嫡男、竹千代(後の徳川家康)を人質にとることになります。
しかし、三河の田原城主、戸田氏の裏切りによって竹千代は織田方に奪われてしまいます。

これに対して義元は戸田家を滅ぼし、織田信秀に対して太原雪斎を大将とした大軍を送ってこれを破り(小豆坂の戦い織田信広(信長の兄)を生け捕りにして織田氏に奪われていた竹千代を人質交換で取り戻します。

しかし、松平広忠が家臣の謀反で暗殺されると、竹千代を配下においた義元は領主が不在となった岡崎城に家臣を送り込み三河に勢力を伸ばします。

竹千代は義元の元で元服して松平元康と名乗り、義元の姪(築山殿)を正室に迎えます。この事によって松平家の家臣は今川家のために働くことになります。

義元は亡父の今川氏親の定めた分国法を補足し、検地を実施するなど内政の強化にも努めます。

そして嫡男、今川氏真と北条氏康の娘(早川殿)を縁組し、武田氏、北条氏と姻戚関係を結んで 甲斐、相模、駿河の三国同盟を結成しました。(甲相駿三国同盟

駿河、遠江、三河の東海道の三国を勢力下に置いた義元は「海道一の弓取り」と称され、氏真に家督を譲ると領国を氏真に任せ、尾張侵攻に力を注ぎ始めます。

尾張侵攻と桶狭間の戦い

こうして地盤を固めた義元は、織田信秀が亡くなると尾張への侵攻を開始し、上洛の準備に入ります。
人質交換で取り戻した松平元康(徳川家康)を先鋒に 3万近くの大軍をもって尾張への侵攻を開始。
しかし、信秀亡き後、織田家の家督を継いだ織田信長に、進軍中に休息をとった桶狭間で攻撃を受け、 信長の家臣、毛利新助に討ち取られます。(桶狭間の戦い

義元は教養もあり、公家文化にも通じた当代の有力守護大名として成長しましたが織田信長の奇襲に敗れ、無念の最後を遂げました。
今川家の当主の義元の戦死により、今川軍は戦意を喪失し、織田軍の勝利に終わります。

名軍師と呼ばれた太原雪斎が亡くなった5年後のことでした。

この際、松平元康は戦線を離脱し、今川軍が放棄した三河岡崎城に入ります。
桶狭間の戦いによって、今川軍の主力の有力武将が多数討たれたことにより、今川家の当主、嫡男の氏真は動揺し、人心を掌握できず、家臣の離反を招きます。

戦国大名 今川家の滅亡

義元亡き後、松平元康も今川氏真を見限り、三河の旧領を回復しつつ、織田信長と同盟を結び、今川氏と敵対するようになっていきます。
こうして今川家は衰退していき、やがて武田信玄徳川家康による侵攻を受けて、大名としての今川家は滅亡しました。

氏真は徳川家康と和議を結んで臣従し、家康の庇護を受けることになり、今川家の子孫は徳川家の家臣として存続していきます。

 

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

コメント

タイトルとURLをコピーしました