大河ドラマ「葵徳川3代」家康の側室と徳川秀忠の兄弟達

葵徳川三代葵徳川三代

物語のメインは家康秀忠家光、ですが徳川3代の物語ということで秀忠を中心とした当時の徳川家の身の回りの人たち、 家康の側室やその子供達、秀忠の兄弟も詳細に描かれています 。

史実のエピソードも随所に盛り込まれており、ここも一つの見どころとなっています。

関連記事:秀忠の娘達

家康の側室と 秀忠の兄弟たち

「葵徳川3代」は、豊臣秀吉没後の関ヶ原の戦いから始まるので それ以前の家康の正室、築山殿そしてその子、信康 、 秀吉の妹で家康の継室となった朝日姫 、秀忠と忠吉の生母、 西郷局は登場しません。

しかし、家康の参謀とも言われた阿茶局(三林京子)を筆頭に 個性豊かな家康の側室の女性達、その子供達が登場します。

阿茶局

家康の側室で常に家康の側に控えています。

元々は武田遺臣の娘で夫の死後、家康に仕えます。連れ子がありますが側室となり、家康からふざけて<枯れ木>や<枯れ尾花>と呼ばれたりもしますが、その信頼は厚く、大阪冬の陣では徳川方の和議交渉の使者を務めます。

秀忠の娘、和子の入内には養育係として入洛し、側近として仕えました。

三林京子さん、ユーモラスさと貫録が滲みでて存在感が大きかったです。

於万の方(長内美那子)と結城秀康 (岡本富士太)

於万の方は 家康の正室、築山殿の次女として 家康の目にとまり秀康を出産 そのため築山殿の嫉妬のため、庭に吊るされるなどの逸話があります 。秀康が没する際には涙ながらに子供に苦労をかけた母親として秀康を見送ります 。

家康の次男として育てられた秀康は、小牧長久手の戦いの講和の条件として豊臣秀吉の養子となっています。

その後、結城晴朝の養子となり下野の名家、結城家の家督を継いだ。勇猛な武将として成長し、 関ヶ原の合戦の際、会津の上杉景勝の 抑えとして 下小山に留まり、上杉軍の西上を阻止しています。

関ヶ原の後 、松平秀康と名乗り 越前藩の藩祖となっていきます。

家康は徳川家を継ぐことができなかった秀康に配慮し、秀忠にも兄を大事に扱うように諭しました。

跡継ぎとなった秀忠も、それをよく守り、秀康は弟、秀忠の良き理解者となり温かく見守っています 。その病没の際には秀忠はひどく悲しみました。

心強い兄の死の無念が伝わります。

絆の強い兄弟として描かれていますね。

松平忠吉(寺泉憲)

母親は秀忠と同じ西郷局です 。

このドラマには登場しませんが家康の最愛の女性と言われていた側室ですね 。

井伊直政の娘を正室として迎えており、直政の信頼も厚く関ヶ原では勇戦します。

関ヶ原に遅参した秀忠を庇い、家康にとりなして対面させています。 兄想いの優しい弟として描かれていますね。

関ヶ原の後、尾張清須62万石の大名となりますが 関ヶ原での鉄砲傷が元で早くして亡くなってしまいます 。

家康家臣団の信頼も厚かっただけに この忠吉が亡くなった際にも秀忠はひどく悲しみました。

秀康と忠吉の死の場面では 関ヶ原前後での秀忠の優しさと兄弟愛が丁寧に描かれましたね。

武田信吉 (横堀悦夫)

家康の5男で 母は武田家臣の娘、お都摩の方 。養母は武田信玄の次女、見性院。甲斐武田氏を継承し 関ヶ原の戦いの際には江戸城の留守居役を務めました。関ヶ原の戦いの後、 常陸水戸25万石の藩主となりますが 1603年に21歳で病没。 後に、この水戸藩は頼房が入り水戸徳川家の祖となります。

お茶阿の方(五大路子)と松平忠輝(坂本博之)

6男忠輝、7男松千代の生母。 家康が浜松にて鷹狩りに出た際に見初め、側室としました。

松千代は6才で病没。

お茶阿の方は忠輝の素行の悪さに頭を悩ませます。

家康が激怒した際には、取り成そうと努めますが、忠輝は許されませんでした。忠輝は素行の悪さから、家康からは冷遇されていました。

たびたび家康に意見しますが、侍女へのいたずらを直せ、と、たしなめられます。

激しい気性のため数々の問題を起こしています。お家騒動で家臣が切腹。

大坂冬の陣に際して、江戸城の留守居を命じられますがこれに対して不満を漏らしています。 また大阪に向けて進軍中、秀忠の直属の家臣の旗本を軍律違反を犯したとして切り捨てています 。

家康と共に朝廷に参内する際、病気を理由に参内せず、さらに川遊びをしていた。

伊達政宗の娘、五郎八姫を正室としており、後に越後高田45万石の大名となります。しかし改まらない素行の悪さと政宗の婿ということで危険視されます。

当初は秀忠もこの忠輝を不憫に思い 家康へと、とりなしていますが家康没後、最終的には改易を命じています。

家康が没する際にも面会を許されませんでした。

五郎八姫の父、伊達政宗に似た気性の激しさと 小さな器には入りきらない野心の大きさを家康に見抜かれ、太平の世には不向きだったと思われます。

家康の意思を受け継いだ秀忠も諸大名への見せしめとして 特に厳しく接し、最終的には 幽閉先で死去したと言われています 。

しかし家康が忠輝に遺品として渡した<野風の笛 >の逸話を通して家康の愛情も示されています。

後の徳川御三家

徳川幕府の礎となった御三家に関しても詳細に描かれており、家康の9男、義直赤羽秀之、10男頼宣本郷弦、11男、頼房を大柴邦彦、がそれぞれ演じました 。

特に、後の水戸藩主となる頼房に関しては家光の幼少時代からの遊び友達としての姿から、進行役として姿を現す息子の光國(中村梅雀)が2代藩主となった経緯等をおもしろおかしく伝えています。 当初、御三家とは3代将軍家光の弟、忠長の駿遠甲55万石、そして尾張62万石、紀州56万石の3家が御三家となっていましたが 忠長の改易により、水戸藩が御三家として加えられ成立しています。 こういった細かいエピソードも描かれているところが 江戸幕府創成期の物語として面白く楽しめますね。

尾張藩主、義直の生母お亀の方(床嶋佳子)

家康の8男、仙千代、9男、義直の生母です。

仙千代は早くに亡くなっています。家康没後は 落飾して相応院となり、義直と共に尾張に移りました。

紀州藩主 頼宣、水戸藩主 頼房の生母 お万の方(尾上紫)とお梶の方(森口瑤子)

お万の方は家康の晩年の子供、頼宣、頼房、の生母です。

お梶の方の生んだ家康の5女、市姫が早世したため、哀れんだ家康がお梶の方をお万の方の子、頼房の養母とします。

お梶の方は、 一時、子供ができないことを理由に松平正綱に下げ渡されましたが、その直後に妊娠が発覚し家康の元に戻ったという経緯があります。

さらにお梶の方の 侍女であったお六(菊池麻衣子)が家康の側室となって寵愛されていたこともあり 賢かったと言われているお梶の方を頼房の養母としたのは家康の粋な計らいですね。

見逃した大河ドラマを視聴する

まとめ

家康の側室は20人以上いたと言われています。その全てがこ「葵徳川3代」に登場したわけではありませんが、登場した女性達はそれぞれのエピソードと共に個性的に描かれており、家康存命中はホームドラマ的な要素も含んで見せ場を作りました 。

後に2代将軍となった秀忠は父である家康の側室達を見て、自身は自重したのではないかと思われます。(例外:保科正之)

逆に、との間に2男5女に恵まれ、仲睦まじい夫婦として描かれたのが家康と対照的でしたね。

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場 

<映画・アニメ・ドラマ見放題・音楽や漫画も宅配レンタル>30日間無料!
タイトルとURLをコピーしました