明智光秀のルーツ? 土岐家と美濃

大河ドラマ

戦国時代に入り、斎藤道三の下剋上により没落した美濃の守護大名、土岐氏

室町時代に最盛期を誇った美濃の名家、土岐氏とは?

清和源氏の流れを汲む 美濃の名家

土岐氏は鎌倉時代から江戸時代にかけて主に美濃で栄えた武家です。

家紋は水色桔梗紋

主な支流に浅野氏、明智氏、原氏、金森氏、仙石氏があります。

明智光秀浅野長矩などの源流といわれます。

清和源氏の流れを汲む美濃を地盤とする有力御家人の美濃源氏の嫡流。

摂津源氏の源頼光の子、頼圀の子孫が美濃に土着。

美濃土岐郡に居館を構えことから土岐氏を称したのが始まりです。

鎌倉幕府の成立時から御家人として重んじられ、土岐光定の時に、 9代執権、北条貞時の娘を正室として迎えており 、鎌倉幕府の権力者、北条家の縁戚となっています。

バサラ大名 土岐頼遠

大河ドラマ[太平記]にも登場してくる土岐頼遠

父の頼定が、鎌倉幕府滅亡時から、南北朝時代にかけて、足利尊氏の元で活躍し、 美濃守護に任じられています。

これによって土岐氏は美濃に地盤を持ち、室町幕府の有力な武士団になっていきます。

頼定から守護職を継ぎ、勇猛なバサラ大名として名を馳せた頼遠でしたが、傲慢な振る舞いが増えて光厳上皇への狼藉事件を起こして処刑されてしまいます。

しかし美濃の守護職は頼遠の甥、頼安が継ぎ、合戦で度々戦功をあげたため 尾張と伊勢の守護職を加えられ3カ国の大大名となり最盛期を迎えました。

さらに室町幕府の評定衆にも加えられています。

その後、 斎藤氏守護代として迎え重用します。この斎藤氏が後に美濃の実権を握るようになっていきます。

応仁の乱と戦国時代

1467年に応仁の乱が起きると、この斎藤氏が活躍。

西軍の重鎮として尾張、伊勢、近江、飛騨まで勢力を伸ばします。

応仁の乱後には、土岐氏の居城、革手城に足利将軍家を受け入れています。

この頃には美濃の実権は完全に守護の土岐氏から守護代の斎藤氏へと移っていきます。(下克上)

しかし、この後、斎藤氏の内紛。そして守護の土岐氏も跡目争いの末、土岐頼芸が守護の座に着きます。

頼芸の追放と斎藤道三

頼芸を守護の座に据えたのは 斎藤氏庶流の長井長弘とその家臣の松波庄五郎です。

この松波庄五郎の子の長井規秀が斎藤家を継承し、出家して道三と名乗ります。 土岐頼芸は、最終的にこの斎藤道三に追放され、没落していくのです。

その後の土岐氏はこの頼芸の子達が江戸幕府の旗本として仕えいます。

そしてその子孫が紀州徳川家に仕え、徳川吉宗が将軍となった際に幕臣となっています。

他にも土岐氏庶流の家は数多くあり、江戸時代に大名家となった家もあります。

土岐氏と明智光秀

明智氏は、初代美濃守護である土岐頼定の9男、長山頼基の子、明智頼重を祖とするといいます。

発祥の地は美濃国明智荘とされています。

しかし、明智光秀の前半生は不明点が多い為、その出自は諸説あります。

光秀が本能寺の変を起こす前に開催した連歌会で、光秀が詠んだ発句

ときは今あめが下知る五月かな

この歌の解釈として[土岐氏の一族の出身であるこの光秀が天下に号令する]という解釈をするものもあります 。

土岐氏の家臣だった斎藤道三の子、義龍に美濃を追われたと言われる明智一族の光秀にとっては、自分の祖先であったこの土岐氏の再興というのが 本能寺の変の動機の一つと考えるのも面白いかもしれません。

 

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

 

タイトルとURLをコピーしました